N高校中国語・生徒用ページ

初級会話/水・金(4-5限)

キャンパスごとに対面授業と自習日(N予備校を使った予習・復習)が水曜日か金曜日に設定されています。

年間スケジュールはこちらを確認してください(※あくまで目安で実際にはキャンパスごとに進度が異なります)

授業予定&資料

第1回:ガイダンス/N予備校ガイダンス
第2回~:PDF(第1課~第4課)/N予備校発音1~4
第6回~:教科書『場面でマスター中国語会話』/N予備校会話1~

テーマN予備校教材PDF
ガイダンス
 授業の受け方、進み方を確認する
 N予備校の使い方を確認する
 中国語を担当する先生を知る
 「認定シール」チャレンジについて知る
ガイダンス資料なし
発音編第1課(発音1)
声調・母音・単母音
中国語音節表
発音1PDF(第1課)
発音編第2課(発音2)
子音・数字
発音2PDF(第2課)
発音編第3課(発音3)
鼻母音・名前
中国語お名前チェッカー
発音3PDF(第3課)
発音編第4課(発音4)
R化・組み合わせ
発音4PDF(第4課)
6~教科書『場面でマスター中国語会話』を使用
対面授業では1年間かけてUNIT1-22に取り組みます。
会話1-40教科書

Ondoku Chineseを使った発音・音読練習

Ondoku Chineseというウェブアプリケーションを使って中国語を読む練習をしてみましょう。以下は一例です。Mac×Chromeで使用することができます。→使い方

母音の練習
子音の練習
複母音の練習
鼻母音の練習
場面でマスター中国語会話

初級発音補講/月(5限)

 月曜5限はZOOMで初級の発音補講授業を実施します。1か月ごとに3人の先生がリレー形式で、初級の発音を徹底的にレクチャーします。教材はスライドもしくはPDFを使います。
 初回は5月17日で栩野先生による「母音」の補講です。

担当内容(予定)
5/17栩野先生母音と声調
5/24栩野先生日本人が苦手な子音
5/31栩野先生鼻母音と複母音

中級会話/月・水・金

年間スケジュールルはこちらを確認してください(※あくまで目安で実際にはキャンパスごとに進度が異なります)

月(N予備校自習)

 月曜日の自習時間は、N予備校「中国語文法」に取り組んでください。1年目の授業で文法の1~20ぐらいの内容をすでにマスターしているはずです。そのため、1学期は毎回2課ずつ進めていくことを目標にしてみてください(ちょっと無理!という場合は1課ずつでもいいので確実にすすめていくようにしましょう。)。すでに内容を把握している場合は、各課の練習問題を、忘れてしまっている場合は、講義ビデオを確認して参考書を確認してから練習問題に取り組んでください。20課で中国語検定4級レベル、38課で3級レベルの文法をマスターできます。

水・金(対面授業/自習日)CPごとに曜日は指定

 対面授業は先生の指示にしたがってください。教材は以下のボタンをクリックしてください。

 対面授業では、定期的にスピーチ動画を撮影します。自分で中国語を考え、話す力を伸ばしたいので、しっかり予習復習をするようにしましょう。教科書は1課を4回ぐらいのペースで進みます。撮影したスピーチはN高校の特設サイトに公開され、キャンパス間で視聴できるようにしますので、頑張って取り組んでください。自習日にはスピーチの作成や教科書の予習などに取り組んでください。

※自分で作成した中国語の音声を聞きたい場合はTTSMP3を使ってMP3データを作成することができます。

スピーチテーマ(予定)

  • 自己紹介
  • 家族や友人の紹介
  • 趣味
  • 私が住んでいる場所
  • 私のスケジュール
  • 夏休みの思い出
  • これが何か当ててごらん
  • 中国料理と日本料理
  • 将来の夢

「認定シール」チャレンジ

中国語のレベルの到達地点を認定するためのシールです。積極的にチャレンジしてみてください。

「お名前マスター」~「自己紹介マスター」までは、各CPの中国語担当教員がみなさんの中国語力を測って認定します。認定チャレンジの実施方法はCPによって異なりますが、基本的には授業中で認定チャレンジの時間(5~10分程度)を定期的に確保して実施します。「基本単語マスター」は現在検討中の単語試験に合格することで認定、「朗読マスター」は教員が指定するスピーチコンテンストに参加することで認定されます。

認定基準

ピンインマスター(担当教員が認定)
中国語のピンインを聞いて正確に書ける、発音できる
中国語音節表
お名前マスター(担当教員が認定)
自分の名前を正確に発音できる、簡体字とピンインで書ける
名前の中国語表記は「お名前チェッカー」で確認
自己紹介マスター(担当教員が認定)
中国語で簡単な自己紹介ができる
名前・学校・学年・年齢に加え、趣味・家族・好きなことなど何か一言言える
日常挨拶マスター(担当教員が認定)
基本的な挨拶や応対ができる(こういう場合はどう言うか?)
基本のフレーズリストを覚える
基本単語マスター(システムが認定/未定)
基本単語リスト600を覚える
『改訂版キクタン中国語準4級』もしくは『改訂版キクタン中国語4級』
に準拠する単語を覚える。(どちらを覚えてもかまいません。)
単語リスト「準4級」「4級」(※それぞれ588語です)
例文や音声を含めてフルバージョンを確認したい場合は本を購入してください…
朗読マスター(スタッフが認定)
外部で開催されるスピーチコンテンストへの参加
N高校スピーチコンテンスト(未定)での入賞?

中国語検定試験

スピーチコンテスト

タイトルとURLをコピーしました